BLOG

士業に役立つ情報をお届けします。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. チラシ・パンフレット
  4. 士業向け|失敗しない自前のチラシ作成・3つの基本!

士業向け|失敗しない自前のチラシ作成・3つの基本!


「士業をサポートする弁護士」として、弁護士・HP制作・動画制作・チラシ制作・法律系ライティングなどを行っている新井です。

団体や委員会などでチラシを作って、印刷して配ったりネットに上げる機会は少なくありません。

プロに外注することもあれば、自前で作ることもあるはずです。

そこで今回は、チラシを作ることになった士業や職員の方に向け、「ここを気をつけると、グッと良くなりますよ!」というポイントを3つ紹介いたします

プロのような「ものすごく良いチラシ」を目指すのではなく、「失敗しないチラシ」を目指すイメージです。

見た目が良くなる、読み手に伝わるのはもちろん、自分で考える時間と手間が省けるので、きっと楽になるはず。

「チラシ作ることになったけど、よく分からんわー!」という方のお役に立てれば嬉しいです!

失敗しないチラシ作成・3つの基本!

  1. 文字の大きさは3つ
  2. フォントの種類は3つまで
  3. 色は3色まで

①文字の大きさは3つ

  1. 大きな文字
  2. 普通の文字
  3. 小さな文字

これを使い分けて、メリハリをつけます。

作り手は、つい「全部読んでくれる」という前提で作りがち。

でも読み手は、一瞬見て、興味ないと思ったら離脱します。

まず、

  • タイトル
  • 日時
  • 場所
  • 参加費(特に無料の場合)

このあたりは大きく・太い文字にして、パッと目につくように意識してください。

次に普通の文字で、色んなことを説明します。

普通の文字の中でも、見出し(「申込方法」「定員」など)は本文より少し大きめにするとメリハリが出ます。

そして注意書きなどは、小さな文字を使います。

②フォントの種類は3つまで

  1. タイトル
  2. 本文
  3. アクセント

これでフォントを使い分けます。

目安としては、

  • タイトル……デザイン性のある目を引くフォント
  • 本文……クセのないフォント
  • アクセント……ややデザイン性のあるフォント

フォントの選び方

使えるフォントは、作成ソフトによって異なります。

士業は普段「明朝体」を使うことが多いと思いますが、「自分が使い慣れているフォント」ではなく「読み手が好むフォント」にしてください。

  • 堅くするなら明朝体
  • 無難にするならゴシック体
  • 柔らかくするなら丸ゴシック体

こういうイメージです。

デザイン性のあるフォントは、チラシのコンセプトに合わせます。

個性が出すぎて読みづらいフォントは避けてください。

特殊な文字加工は要注意

作成ソフトによっては、

  • 影を付ける
  • 立体にする
  • グラデーションにする

こういう機能が入っています。

「それっぽくなる気がする」ので、使いたい気持ちはすごく分かります。

でも安易に使うと、むしろ安っぽさが出るので注意です。

③色は3色まで

背景や文字を含めた全体の色は、

  1. メイン(一番面積が大きい)
  2. サブ(次に面積が大きい)
  3. アクセント(一番面積が小さい)

この3つで色を分けます。

比率は、

メイン:サブ:アクセント=70%:25%:5%

と言われたりしますが、あくまでも目安です。

ちなみに、白は3色にカウントせず、黒も文字に使う場合はカウントしません

良くないのは、なんとなくコロコロ色を変えるパターンです。

色を変えると、一見カラフルで華やかになります。

でも、全体的にまとまりがなく、どこに注目させたいのか不明確になりがちです。

色の組み合わせ方

どんな色を選べばいいかは、手っ取り早くネットで調べるのが楽です。

こういうサイトはたくさんあります。

まずメインで使いたい色を選んで、それを軸にサブ・アクセントを選ぶと楽です。

蛍光色・原色は使わない

最近はさすがに減りましたが、イエローやブルーの蛍光色や原色を使うチラシがあります。

単純に見づらいのと、少し野暮ったくなるので控えましょう…。

WordやPowerPointで色を選ぶとき、蛍光色や原色が表示されるので注意してください。

文字色との相性に注意

こちらにあるとおり、黒文字・白文字を載せると、見やすい色・見づらい色があります。

色の上に文字を載せるときは、見やすさに注意してください。

大事なのは、意図を持つこと

今回は基本として、文字の大きさ・フォント・色について解説しました。

大事なのは、なんとなく使うのではなく、意図を持って使うことです。

料理でいうと、色んな具材や調味料を適当に混ぜても、美味しいものはできません。

それと同じで、色んなフォントや色を適当に混ぜるのではなく、意図を持ってみてください。

その一つの指針が、今回ご紹介した3つのポイントです。

ご依頼・ご相談・お見積りもお気軽に

当事務所では、イベントチラシの作成、事務所紹介チラシ・パンフレットの作成などを行っています。

ご依頼はもちろん、ご相談・お見積りもお気軽にご連絡ください。

「チラシ作ってみたんだけど、ちょっと意見もらえますか?」という程度なら、無料で対応いたします。

まとめ

団体や委員会などで、印刷やWEB用にチラシを作る機会があると思います。

「チラシ作ることになったけど、よく分からんわー!」という士業や職員の方に向け、最低限抑えていただきたい3つのポイントを解説しました。

どれも難しくないので、ぜひ試してみてください。

関連記事