BLOG

士業に役立つ情報をお届けします。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. HP制作
  4. 【確認必須】未対応の士業HPは表示が制限されます

【確認必須】未対応の士業HPは表示が制限されます

弁護士・HP制作・動画制作・ライティングなどを行う、パラレルワーカーの新井です。

2ヶ月ほど前に、「非httpsサイトへのアクセスを制限する機能を、Google Chromeが試験的に導入した」という情報をご紹介しました。

最近この機能が本格導入されましたので、ご紹介します。

対応していないHPは、アクセスすると画面いっぱいに警告が表示されるようになるので、一度ご確認ください。

「非httpsサイト」とは?

Googleも推奨する「https化(SSL化)」が済んでいない、セキュリティ的に安全ではないサイトです。

「そんなの、詐欺サイトとかだけでしょ?うちは関係ありません」

そう思うかもしれませんが、弁護士・司法書士・社労士・行政書士・税理士・公認会計士・建築士といった「士業」でも、対応が済んでいないHPは結構あります。

その非httpsサイトに対して、試験的に警告画面が表示されるようになった、というのが冒頭の話です。

そして最近リリースされたGoogle Chrome最新版では、この機能が正式に導入されました。

Chromeの設定を開いて、「プライバシーとセキュリティ」→「セキュリティ」の順に見ていくと…

画像出典:Google Chrome

この設定が新登場。

これをオンにした状態で非httpsサイトにアクセスすると…

画像出典:Google Chrome

このような警告が表示されます。

以前は、画面上部のアドレスバーにこのような表示が出るだけで、サイト自体は普通に開けました。

ところが今回は、画面いっぱいに警告が表示され、「サイトへ移動」というボタンをわざわざ押さないとサイトを開けません。

正直これが表示されて、「サイトへ移動」を押すのは勇気がいります…。

つまり、せっかくHPにアクセスしてもらっても、引き返してしまう確率が格段に上がりました。

あえて対応しないメリットはありません

多くの物事にはメリット・デメリット両面がありますが、https化に関しては、「あえてやらないメリット」はありませんし、やるなら早い方が良いです。

当事務所にご依頼頂ければ、https化に対応いたします

HP制作についてのご案内

ご相談・お見積もりもお気軽にご連絡下さい

無料のHP診断も行っております

過去に制作したサイト

まとめ

「https化」未対応のHPへのアクセス制限機能が、最新版のGoogle Chromeで導入されました。

士業でも対応していないHPは結構あり、アクセスすると画面いっぱいに警告が表示されます。

そうなると、引き返す人が大半と思われます。

ご不安な方は、一度ご相談ください。

関連記事