BLOG

士業に役立つ情報をお届けします。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. HP制作
  4. HPを持っている士業は確認必須の3つのポイント【2021年版】

HPを持っている士業は確認必須の3つのポイント【2021年版】

HPの話をされても、「仕事が忙しいし、難しい話も分からない」という方もいらっしゃるはずです。

そこで今回は、「これだけは、今確認して頂きたい」というポイントを、3つだけお話しします。

この3点は、「HPを集客に使っているかどうか」は関係ありません。

HPをお持ちの方は、全員チェックして頂きたい項目です。

確認必須の3つのポイント

①HTTPS化(SSL化)が済んでいるか?

②税込価格の表示義務に対応しているか?

③定期的にメンテナンスしているか?(特に2018年12月以前に作ったHP)

①HTTPS化(SSL化)が済んでいるか?

HTTPS化というのは、Googleも推奨するセキュリティ対応です。

・対応が済んでいる場合・・・HPのアドレスが「https://〜」となっています。

・対応が済んでいない場合・・・HPのアドレスが「http://〜」となっています。

対応が済んでいない場合、次のような問題があります。

①SEOの低下(検索で上位に表示されづらくなる)

②セキュリティの低下

③情報漏洩のリスクが増加

また、アドレスバーの横に「保護されていない通信」「安全ではありません」などと表示されるので、閲覧者の印象も良くありません。

詳しくは、下記記事で解説しております。

②税込価格の表示義務に対応しているか?

2021年4月1日から、税込価格の表示(総額表示)が義務化されました。

当然士業のHPも対象です。

また意外と盲点なのが、費用の「計算式」を表示する場合も、総額表示が必要です。

例えば、

経済的な利益の額が300万円を超え3000万円以下の場合・・・その5%+9万円(税別)

という表記は、

経済的な利益の額が300万円を超え3000万円以下の場合・・・その5.5%+9万9000円(税

という表記に修正する必要があります。

特に士業は、こういったところはシビアに見られます。

面倒ではありますが、対応している事務所も沢山ある以上、対応していないと目立ってしまいます。

対応方法や具体的な書き方は、下記記事で解説しております。

③定期的にメンテナンスしているか?(特に2018年12月以前に作ったHP)

HPを動かしている数々のシステムは、PCやスマホ同様、定期的にアップデートされています。

その中でも、「セキュリティアップデート」は必ず実施すべきです。

特に「2018年12月以前にHPを作って以降、メンテナンスをしていない」という場合は、サポートが切れたシステムで動いている可能性があります。

もちろん「それ以降」に作られたHPでも、アップデートを行っていなければ、セキュリティ等に問題がある可能性は十分あります。

対応方法等については、下記記事で解説しております。

対応はお早めに

今回解説した3つのポイントは、「あえてやらない理由」は無く、いつかやる必要があります。

また、個人情報の漏洩やシステムトラブルが起こってからでは、手遅れというリスクもあります。

当事務所では、キャリア16年のエンジニアと共に、上記全てに対応可能です。

また、「よく分からないから一度見て欲しい」という方には、無料診断をさせて頂きます(問題ない場合には、きちんとその旨お伝えします)。

まとめ

「仕事が忙しいし、難しい話も分からない」という方や、「HPで集客しようと思っていない」という方にも、今チェックして頂きたいポイントを解説しました。

いずれもすぐに対応すべきポイントですので、ご自身のHPが問題を抱えていないかご一読下さい。

関連記事